ペットロスにならないためには供養が大事

ペットを亡くした飼い主が精神的に不安定になる「ペットロス」が深刻な問題になっています。そんな「ペットロス」にならないための方法をお伝えしますので、参考にして頂けると幸いです。
MENU

供養でペットロスを防ぐ

 

 

愛するペットが突然亡くなることは、飼い主にとってとても悲しいことです。たかがペット、と思われる方もいるかもしれませんが、今やペットは愛玩動物という存在を超えた、いわば家族同然の存在なのです。

 

そんな家族同然のペットが亡くなることにより「ペットロス」になる人もいます。「ペットロス」とはペットロス症候群といい、愛情を注いできたペットを失うことで気分の落ち込みや精神の不安定、うつ病、不眠といった精神的・身体的症状が現われるとこを言います。ひどくなると、うつ病から自殺願望を引き起こすことさえあります。

 

ペットが身近になってきている現在、ペットをなくした飼い主が陥る症状としてペットロスは問題になっています。多くはその死を受け入れることが出来なかったり、「もっと早く不調を見抜いてあげていたら」「もっとたくさん散歩に連れて行ってあげるんだった」などペットの死を自分のせいにしたり、ペットに対する後悔の念などから「ペットロス」に陥るといわれています。

 

「ペットロス」を克服するにはいくつか方法があります。友たちや、カウンセラーなどに自分の思いを話すことも有効です。場合によっては新しいペットを飼うことも効果があるそうです。

 

またペットの為に葬儀をしてあげることも、その手段の一つです。ペットの死から葬儀→火葬→埋葬→供養と「儀式」を一つ一つこなしていくことで、ペットの死を受け入れやすくなります。

 

また、それぞれの「儀式」で手を合わせて「祈る」という行為は、亡くなったペットや自身の想いと対話する行為でもあります。対話をすることで少しづつ悲しみが昇華し、良い思い出へと変っていきます。

 

供養が一区切りついたら、ペットのおもちゃや道具類を片付けたり処分してみましょう。片付けるという行為も品物一つ一つの思い出と対話し悲しみを癒す効果があります。このように飼い主の心の区切りをつけるためにも、葬儀や供養を行うことは大切なことといえます。

 

もし、亡くなったペットの葬儀や火葬を業者にお願いする場合、飼い主の想いを蔑ろにするような悪徳業者にかかわってしまうと、ペットロスに対して逆効果にもなりかねません。ですから葬儀や火葬を依頼する業者の選定も重要になってきます。

 

ペットの骨壷・位牌・メモリアルグッズ おすすめランキング

このページの先頭へ