霊園でペット葬儀するのと訪問火葬ならどっちがお得?

ペット霊園での火葬と訪問火葬ならどちらがお得なのか?それぞれの料金やメリットについて記述しています。
MENU

ペット霊園での火葬と訪問火葬はどちらがお得?

 

 

ペットが亡くなった場合、亡骸を弔う手段として、霊園で火葬する場合と訪問火葬を利用する場合があります。ここではその違いについて説明していきます。

 

ペット霊園で火葬

 

ペット霊園というのは、専用の土地を所有し、そこに納骨堂や供養碑あるいは個別のペット墓地などの埋葬地や火葬場を設け、基本的にペットの飼い主側がその亡骸をペット霊園に持ち込んで火葬や弔いをしてもらう所です。

 

火葬場は土地に設備を設けたものなので、効率的に合同火葬をすることを目的とした比較的大きな設備ものが多く、こちらから持ち込み合同火葬をすることから、火葬費だけを考えると比較的安価でとりおこなうことが出来ます。

 

各霊園により違ってはきますが、たとえば中型犬程度の大きさのペットでしたら16,000〜25,000円程度のところが多いと思います。

 

しかし、合同火葬の場合は合同遺骨となるので、遺骨を持ち帰ることは難しく、そのまま合同で埋葬される事になります。そのため、その分の納骨費、供養碑、管理費などで、プラス6,000〜12,000円程度の費用を考えなければなりません。

 

また、霊園で個別火葬もできますが、大きな火葬炉を個人で占有して使用するわけですから、その分料金は高くなり、プラス10,000〜20,000円程度料金が掛かってしまいます。そのほか個別で墓石を作り個別埋葬となると、さらに数万〜数十万円の費用が掛かります。

 

 

訪問火葬

 

一方、訪問火葬とは飼い主側から出向くことはなく、自宅に火葬車が来て火葬してくれるサービスです。車に搭載できる程度の小規模な火葬炉を使用するので基本的に個別火葬になります。

 

火葬料金は中型犬程度の大きさで25,000〜30,000円程度になります。遺骨が混ざらないので、そのまま飼い主が骸骨を引き取ることも可能で、その場合他に料金はかかりません。

 

訪問火葬を行う業者でも霊園と提携をしていたり、霊園自体が移動火葬のサービスを行っていることもあります。合同埋葬のところが多いですがプラス5,000〜10,000円程度で火葬後そのまま遺骨を引き取り埋葬してくれます。

 

それぞれの飼い主の考え方や想いもあるので、どちらの方が良いとは一概には言えませんが、遺骨は自宅で供養し火葬だけを行うのであれば訪問火葬の方が手軽で料金的にも一番費用の掛からない方法だと思います。

 

ペットロスにならないためには供養が大事

このページの先頭へ