ペットがお亡くなりになったらまずすることとは?

ペットが亡くなると、焦って混乱してしまうかもしれません。しかし、亡くなったときの対処法を知っておくことで、ペットを美しい状態で送り出してあげることができます。
MENU

ペットが亡くなったときの対処方法

 

 

家族同様に可愛がってきたペットとの突然の別れは、とても悲しいものです。どんなペットでも大抵の場合は人間より寿命は短いもの、その死は突然やってくることもあります。その際、慌てないためにもきちんとした対処方法を知っておくことは大切なことです。

 

1.目を閉じ、姿勢を正してあげる

 

ペットが亡くなりますと体の小さい動物はその分早く死後硬直が始まります。気候条件などにより変わっては来ますが約2時間程で硬直が始まります。手足などの末端から硬直は始まり胴体、頭部と順に硬直していきます。

 

死後硬直で手足が突っ張ったような姿勢になってしまいますと、棺や火葬炉に入れる際、困難になる場合もありますので、亡くなる時に飼い主がそばにいる場合には、手早く静かに目を閉じ、普段寝ている時のような姿勢に正してあげてください。

 

 

2.身を清めてあげる

 

人間もそうですが、動物が亡くなりますと、口や、肛門部などから体液や糞尿が出てくることがあるので綺麗に取り除きます。あとは毛並みを整えたり、絞ったタオルで体をふいてあげるなどして身を清めてあげてください。

 

 

3.祭壇に飾る物を決める

 

祭壇などを作る場合には、特に決まりはないので、その家やご自身の宗教観で、お花や好きなおもちゃ・食べ物など飾ってもらって構わないと思います。ペットの葬儀社に依頼すれば、お通夜のようなお別れの儀式をする祭壇等も用意してくれる場合もありますので、ご希望でしたら相談してみると良いでしょう。

 

 

4.安置する際は体を冷やす

 

ペットの亡骸をすぐ火葬できれば良いのですが、事情により2〜3日家で安置する場合もあるかと思います。そんな時には、亡くなった後も体液や血液などが出てくることもあるので、段ボールやペットお気に入りの布団などにビニールシートなど敷いてその上に亡骸を安置してドライアイス等で冷やします。

 

ここで注意したいのが体液や血液の対処です。感染症や衛生面の観点から亡骸の体液や血液は決して素手で触れないようにしてください。

 

また、冷やす際にドライアイスが無い場合には、袋に入れた氷やアイスノン、またはペットボトルに水を入れたものを凍らせて代用もできます。腐敗は腹部や頭部から始まりますので、そのあたりを重点的に冷やすようにすると良いと思います。できればエアコンをかけて部屋自体を冷却しておいてください。

 

また、タオルなどで亡骸全体をを覆っておくことも効果的です。外気に触れにくくなるので腐敗を遅らせる効果があります。

 

ペットの訪問火葬ってどこでどうやって火葬するの?

このページの先頭へ