ペットの訪問火葬ってどこでどうやって火葬するの?

ペットの訪問火葬はどこでどのように行われるのか?火葬後の灰はきちんと処理してもらえるのか?などを解説します。
MENU

ペットの訪問火葬をする場所とやり方

 

 

ペットの葬儀・火葬をするには専門の業者に連絡を取り、日時・プラン・ペットの体重などを伝えて予約をします。当日は業者スタッフが専用の火葬車で自宅にやってきます。

 

火葬車は近隣住民の配慮もあり、ほとんどの業者で社名ロゴの無いバンやトラック型の車となっています。火葬車とは言っても長い煙突が付いていたり、焼却炉が丸見えだったりなど、見た目でソレと分かるような車ではなく、ごく普通一般の車やトラックと何ら変わりなない外観の車です。

 

業者が車で来ましたら一般的には自宅の駐車場で火葬作業を行うことになります。駐車場が無かったり、駐車場に屋根があったりして危険と判断した場合には、指定の場所があればそちらで、特に指定が無い場合には業者のスタッフが安全かつ近隣住民に配慮した場所を選定して作業を行います。

 

きちんとした業者の火葬車ならば廃掃法の排出基準を満たした車を使用しており、無臭無煙でダイオキシンなどの有害物質を発生させない構造となっているので、環境面または近隣住民への配慮の面でも心配はありません。また、電源さえ確保できる状況であれば、アイドリングをストップして作業できる為、多少送風機の音はしますが、ほとんど作業中の騒音はしないそうです。

 

火葬は、ほとんどの場合で個別火葬になります。火葬後の灰の除去や清掃などは毎回行うそうなので、他のペットの骨などが混じる心配もありません。火葬の際は希望によっては立ち会うこともできますし、場合によっては副葬品などを一緒に入れて火葬してあげることもできます。

 

業者によっても違いますが、少量のお花や写真、ペットフード類などなら一緒に燃やしてくれるようです。プラスチック類や金属類など有害物質の発生に繋がったり、火葬炉を傷める原因になるようなものは断られる場合もありますので、希望の品物がある場合には、火葬前に一度スタッフに相談してみると良いでしょう。

 

火葬時間は、火葬するペットの大きさや気候条件によって変わってきますが、たとえば20kgくらいの中型犬でしたら2時間程度、30kgを超えるような大型犬でも2時間〜3時間で終了するようです。火葬終了後は、プランなどにより違ってきますが、お骨上げをして専用の骨壺などに入れて飼い主へ返却となります。

 

ペットの訪問火葬の需要が高まっている本当の理由

このページの先頭へ