ペットの訪問火葬の需要が高まっている本当の理由

ペットの訪問火葬の需要は次第には高まってきていますが、なぜここまで普及するようになったのか?その理由についてご説明します。
MENU

ペットの訪問火葬の需要が高まっている理由

 

 

理由1.ペット人気の拡大

 

近年、ペットの訪問火葬の需要は高まっています。需要拡大の理由は様々ありますが、第一の理由としては、ペット人気の拡大が挙げられます。

 

犬、猫の人気はもちろんですが最近ですと、飼いやすいウサギや爬虫類なんかも人気で、ペット人気も多様化しています。ペットが増えれば、もちろん亡くなるペットも増える訳で、それに対応するようにペットの葬儀業者も増えているという事です。

 

 

理由2.核家族化の進行

 

また、昔とは違い核家族化により、家族自体の人数も減りました。それにより昔は番犬の役割が大きかった飼い犬でも、その役割は、家族の心の安らぎ支える家族同然のものへと変わりつつあります。

 

都会や郊外で考えますと、一人暮らしの若者や老人、子供たちが独立した夫婦の心を癒す役割としてもペットの需要は大きくなってきています。今や家族同然のペットですから、亡くなればその悲しみも大きく、それなりに心を込めたお見送りをしたいと思うのが心情です。

 

 

理由3.手軽で対応力のある柔軟性を持つ

 

そこでペットの葬儀を取り扱う業者も増えてきてはいるのですが、特に都会では火葬設備が設置されたペット霊園や、ペットの葬儀社は土地の規模や近隣住民の反対から建設が難しいのが現状でです。

 

また、飼い主は家族同然と思うペットであっても、突然のペットの死に対して親族の死と同様に有休をとって会社を休むようなことはできません。その為、火葬場を備えたペット霊園等があったとしても時間的に制約があり平日の昼間などには利用しにくいのです。

 

その点、移動が可能なペット訪問火葬の場合は、時間指定をすれば2時間程度で火葬は終了するのでとても手軽です。また、業者によっては、早朝や深夜に対応してくれるところもあるので、昼間に時間が取れない方でも利用しやすいといえます。

 

たとえ深夜や早朝であっても、専用の火葬車は無臭無煙の環境に配慮したものを使用しており、電源さえ確保できれば騒音もほとんど無いといいます。その為、近隣住民に気付かれることなくペットを見送ることが出来るというのも利点です。このような手軽で対応力のある柔軟性もペット訪問火葬の需要拡大の理由と考えられます。

 

 

理由4.業者が新規参入しやすい

 

あとは、ペットの訪問火葬の業者側の立場から考えますと、専用の火葬車さえ用意すれば、土地や店舗、資格も特に必要のない仕事なので新規参入はしやすいといえます。それにより訪問火葬業者は急増しており、不当な料金を請求したり、ペットの遺体を粗末に扱うような悪質な業者もいると聞きます。利用の際には信頼できる業者を選択することが大切です。

 

霊園でペット葬儀するのと訪問火葬ならどっちがお得?

このページの先頭へ